ホーム > オイルバクターシステムとは

感じてみませんか、バイオの可能性。

オイルバクターシステムとは

オイルバクターシステムの概要

開発者インタビュー

導入事例

施工実績


油脂処理はバイオの時代へ。
効果

効果油脂含有排水処理に効果絶大!

油脂分の酵素分解により生物処理が可能。

設備効率化

設備効率化加圧浮上装置が不要!

凝集剤不要、浮上スカム汚泥ゼロ、加圧浮上装置の運転管理者不要。

臭気抑制

臭気抑制臭気を大幅に抑制!

オイルバクター菌の働きにより悪臭成分を抑制。

コスト削減

コスト削減ランニングコストを大幅削減!

汚泥処分費、凝集剤、運転管理者コストが不要。

特殊強化微生物(オイルバクター)による油脂分解の原理

オイルバクターが酵素を分泌

オイルバクターは油脂分解用に開発された特殊強化微生物です。 培養栄養剤の働きにより「培養」・「増殖」・「活性化」され、培養活性化液となります。 油脂は培養活性化液中の微生物の作業によって分解されます。

酵素により、油脂をグリセリンと脂肪酸に加水分解

グリセリンや脂肪酸はさらに生物分解され、二酸化炭素や水となる

グリセリンや脂肪酸は生物によって容易に分解されるため一般的な接触ばっ気や活性汚泥法で処理が可能です。

オイルバクターが酵素を分泌グリセリンと脂肪酸が分解される生物分解され、きれいな水や空気に

「油脂含有排水処理設備」比較フロー図

「油脂含有排水処理設備」比較フロー図

バクターコア・P
(浮遊担体)

水位変動する調整槽等にて使用。ネット状で閉塞しにくい。オイルボールの抑制効果もある。

バクターコア・P(浮遊担体)

バクターコア・D
(浮遊担体)

水位変動する調整槽等にて使用。高摩耗性、高通水性により、安定した処理が可能です。

バクターコア・D(浮遊担体)

バクターコア・B
(固定担体)

油脂分解槽、接触ばっ気槽にて使用。槽内に支持架台を設置、エキスパンドメタルで上下を固定。

バクターコア・B(固定担体)

「技術資料」ダウンロード

技術資料

より専門的なご理解を深めて頂ける「技術資料」をご用意させていただきました。導入ご検討の際の参考資料としてぜひお役立てください。

技術資料ダウンロード(PDF:12.4MB)

【技術資料掲載内容】
1 .油脂含有排水処理技術オイルバクターシステムについて
2.オイルバクターシステム納入実績詳細データ
3.オイルバクターシステム施工実績例
4.生物処理が油分を苦手とする理由
5.オイルバクターシステム イメージフロー図
6.油脂の分子構造
7.油脂の構成脂肪酸比率一覧
8.生物膜式排水処理装置の特性
9.生物膜式処理装置の温度影響について
10.生物膜法と活性汚泥の組み合わせによる処理について

※内容は都度変更になる場合がございます。

~ランニングコストを見直してみませんか?~
納入事例 全国100ヶ所以上の納入実績

菓子メーカーや食品工場の排水処理などを中心に豊富な納入実績があります。 現在使用中の処理システムを一部変更する形での導入も可能です。
※現場見学が可能な工場もあります。

業種別 納入実績例はこちら!

資料請求・ご見学・お問い合わせ

株式会社森本組 土木本部 環境部

〒135-0042 東京都江東区木場五丁目5番2号 CN-1 BLDG.7F

TEL.03-3643-5800 お問い合わせフォーム
技術資料ダウンロード
閉じる

PAGE TOP